小さな情報収集場 草津ビジターセンター体験談【群馬県・草津温泉】

草津ビジターセンター 館内

こんにちは。草津在住の公太です(^-^)

毎日のように湯畑周辺で過ごしています。


草津温泉に旅行に行ったら「とりあえず温泉に入ろう」と言う人は多いと思いますが、それ以外に何をして過ごすか迷った事は無いでしょうか?

温泉も良いですが、一日に何回も入れるのはよっぽどの温泉好きだと思いますし、湯畑周辺のお店も一日あればだいたい見終わってしまうので、アクティブな人は手持ち無沙汰になってしまうことがあるんですよね。


そんな人のためにおすすめしたいのが「草津ビジターセンター」

ここは湯畑からも近く、無料で入ることもできるので、お財布にも優しい。

今日は、先日草津ビジターセンターへ行って来たので、この観光施設を詳しく紹介したいと思います。

温泉と買い物以外の予定が立たない人には持って来いの場所なので、これから草津温泉に行こうとしている人は是非参考にしてみてください。


草津ビジターセンターとは?

草津ビジターセンター 館内

草津ビジターセンターは、草津温泉周辺の高山植物や動物の生態系、四季ごとの魅力・見どころ、ハイキングコースの紹介、過去温泉に関わって来た武将や有名人の履歴などを、大きな写真・パネル・剥製・模型などで、簡単に分かりやすく教えてくれる情報館です。


場所は、湯畑から歩いて8分くらいの所にある「西の河原公園内」にあり、更に公園内を5分くらい歩けば行く事ができます。

草津温泉で有名な巨大露天風呂「西の河原露天風呂」すぐ手前にあるので、分かりやすいと思います。

なので温泉・足湯ついでにふらりと立ち寄ってささっと楽しむことも可能。

入場料は『無料』で、立地で言ってもそうですが、誰でも簡単に入ることができるさらっとした気軽さを持っていました。

※住所や営業時間は最後に載せておきます。


草津ビジターセンター 外観

西の河原公園について詳しくは「夜の西の河原公園を体験【引くぐらいの絵に出会えた】」をご覧ください。


建物自体は三角屋根のこじんまりとした木造平屋で、華やかさや派手さと言うものは無く、山の中にある別荘を少し大きくしたようなかわいらしい建物です。


草津ビジターセンター周りの景色

入口前には、二人掛けの木製ベンチが二つと喫煙所が一ヶ所あって、大自然の景色、川の水が流れる音や鳥の鳴き声、また、沸き立つ温泉の湯気を目の前に望みながらゆっくりできるようになっています。

僕が行った時は雨でしたが、雨は緑の香りを強め、生命力の強さを鼻の先で捉えられるので、艶っぽい心地良さを感じることができました。

上から見下ろす風景に特別な物はないですが、その何も無いのが逆に最高な落ち着きを静かに与えれくれましたね。

個人的にはこの高い場所は、ほっとできるので好印象です。



館内の様子

透明ガラスの引戸を開けて中に入ると、大きく立派な鹿と鷲の剥製が両隣から迫力を与えると共に、しんとした面持ちで迎えてくれます。

そのまま中に進むとカウンターがあるので、まずはそこで受付をします。

住所・氏名・人数をささっと書くだけ。


受付が終わったら後はどの順で見ようが自由。

左に行けば、鳥や植物の剥製や、模型、写真が眺められる小部屋があり、販売されているコーヒーを椅子に座ってゆっくり飲むこともできます。

右へ行けば、もう少し大きな部屋で、大きなパネルに草津温泉周辺の山々やそのハイキングコース・四季の見どころ・温泉に訪れた昔の有名人・温泉の簡単な歴史や魅力が分かりやすく見て取れます。


草津ビジターセンター 館内

個人的には右側の部屋にある、草津温泉周辺の山のハイキングコースが、分かりやすい位置関係の地図表示で書いてあった印象が強いです。

A~Cまである三つのコースにそれぞれ、道順と㎞数・所要時間、道中に見て観察して知ることができる花などが詳しく載せてあったので、具体的に今後のハイキング計画を立てるのにとても役立つなぁと思いました。


僕が行った時は4連休後の月曜日だったので、他のお客さんもほぼいない状態が続き、穏やかが落ちる館内で知識を味わうようにゆっくり見ることができました。


真ん中には草津温泉を囲む山々を、模型で分かりやすく作って表現して置いてあります。


その他、無料で温泉に入ることができる「共同浴場がいつ頃できたのか」について書かれた資料もありましたね。

白旗の湯なんかは想像以上に古くて、特に強く驚きました。




草津ビジターセンター 館内

左の部屋は、重厚なこげ茶色の床でデザインされて落ち着いた雰囲気で、高山植物の古い写真を、年季と隣合いながら眺めることができます。

それら色の薄い物は、目の奥に遠く侘しい落ち着きをもたらしてくれるので、なんだかその部屋では時が巻き戻された様な静かな感覚を得られました。

個人的には静かな空間がとても好きなので、展示物の内容云々と言うより、その場所から大きく眺める外の緑緑しい風景に優しく胸を撫でられたような心地良さを感じることができました。


草津ビジターセンター 施設情報まとめ

今日は草津温泉ビジターセンターを紹介しましたがどうだったでしょうか。


このように草津温泉では、温泉以外にも無料で楽しめる施設があります。

草津ビジターセンターなら、道中にある西の河原公園でも、ゆっくり・のんびり足湯と自然を楽しむ事ができるので、一つの予定として入れるには簡単だし魅力もあります。

何をするか迷った時は一度この場所を訪れて、穏やかな旅行に一つ華を添えるのも一興だと思います。


無料でお金もかからないし、負担は何もないので、機会があれば行ってみてください。

小さな所に大きな楽しみが見つかるかもしれません。


【草津ビジターセンター】

※スマホの人は横にして見ると見やすいです▼

住所 群馬県吾妻郡草津町大字草津571 西の河原公園 (湯畑から歩いて約10分)
最寄り駐車場 天狗山第一駐車場(無料)
営業時間 9時~16時
定休日 木曜(臨時休館有)
料金 無料
HP 草津町

※上記は2020年7月27日現在のもの


草津ビジターセンター 外観
草津ビジターセンター 外観

館内の動画も撮りました。インスタグラムに投稿してあるのでよければ参考にご覧ください▼

今日の草津ビジターセンターは以上です。どうもありがとうございましたm(_ _)m

\うん!うん!!と思ったらシェア/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

愛澤公太って?

アーカイブ

公太のSNS