\期間限定の割引あり!お得な日帰り入浴はこちら/

草津温泉はコロナ予防に効果あり?【癒されつつ免疫力も高めよう】

こんにちは、日本三名泉の地である草津町在住の公太です。

先日緊急事態宣言の最中、上毛新聞にちょっと驚く記事がでました。

群馬県草津町は27日、草津温泉の湯畑源泉のお湯が、新型コロナウイルスの感染力をなくす「不活化」に効果があるとの研究結果が得られたと明らかにした。町が群馬大発のベンチャー企業グッドアイ(桐生市)に調査を依頼し、新型コロナの感染能力を90%以上低減することが確認されたという。

上毛新聞より引用

コロナ渦での嬉しいニュース。

今回は草津温泉が本当に「新型コロナウイルス感染予防」になるのかを解剖していきたいと思います。

今一度草津の湯について理解し、もうそろそろ、コロナに怯える生活から抜け出しましょう。

草津温泉で新型コロナ感染予防は可能。感染能力は90%以上低減できる

結論、草津温泉で新型コロナ感染予防は可能です。

群馬大学発のベンチャー企業グッドアイ(桐生市)が研究をして正式に発表しました。結果は以下の通り。

ウイルスをそれぞれ水道水、草津の温泉水(湯畑源泉)、硫酸酸性水に10秒、30秒、60秒と時間を分けて入れたところ、水道水ではほとんど不活化しなかった。

硫酸酸性水では70~80%程度が不活化。

そして温泉水はいずれの時間でも90%以上が不活化した...。

ちなみに不活化とは『死滅』ということ。そしてグッドアイの会長は、群馬大大学院理工学府の板橋英之教授。

草津温泉は1円玉や五寸釘を溶かし消し去ってしまうほどの強酸性。それは万病、つまりあらゆる病気に効き恋以外の病を治すと昔から言われているのは有名な話なんです。

嬉しいことです。そして草津温泉では温泉を使った新たな計画が立てられました。

【2/18追記 新しい結果(万代鉱も効き目あり)】

草津町に手洗い湯を新設

草津町では観光の中心地である湯畑付近に『手洗い湯』を作ることにしました。適温の源泉で手を消毒するというものですね。

作られるのは湯畑周辺の足湯と湯滝、草津温泉バスターミナルで、計3、4ヶ所ほどみたいです。

湯畑のセブンイレブン前は既に完成済み(2/12)。下記が第一号!

湯畑の手洗乃湯
手洗い湯の一号機。その名も『手洗乃湯』

手湯は足湯と違ってハンカチ一枚あればすぐ拭けるので使いやすい、しかもお湯を掛けるので石鹸や消毒液のように洗い残しもなし。

更に言えば源泉掛け流しでちょっぴり贅沢...まろやかな温泉が24時間出っ放しで、かじかんだ手も温められるからメリットも多いんじゃないでしょうか。

▼3/12には更に二台が追加

手洗乃湯さえあれば大丈夫なのか?

とは言え手洗乃湯さえあれば大丈夫なのか?...と思いますよね。

そう言われると当然そうではありません。パッと思いつくものでも次のような懸念があります。

【懸念点①】新型コロナウイルスがすでに体内にある

新型コロナウイルスがすでに体内にある場合は源泉で手を洗ってもほぼ意味はありません。あくまで皮膚表面を殺菌するものなので当たり前ですね。

そして温泉療法医・大村浩一郎先生という方がこんな事をおっしゃられているようです。

温泉に入ることでNK細胞(ナチュラルキラー細胞)の活性が上がるというデータがあります。そして、ウイルス自体は温泉の中で生きることはできません。

ただ、すでに感染して細胞の中に入り込んだウイルスを温泉で殺すことはできません。飲泉の効果もあまり期待できません。

【星野リゾート】「今だから教えて欲しい温泉の力」対談コラム公開のお知らせより引用

体内に入った新型コロナウイルスは温泉に入っても直接殺菌できることはない...とは言え免疫力を上げることは今後の抑制にも繋がります。

という事で、感染していた場合(症状の出ないほとんどの人は気づきませんが)は体温ごと上げて免疫力を上げるのが良さそうです。

ウイルスは熱に弱い。風邪が悪化すると人間も自然と発熱して菌をやっつけますよね?

草津ホテルのふたつ湯

【懸念点②】草津温泉に人が集まることで高まる感染リスク

人が集まれば感染リスクは高まります。それは東京のような大都市と同じで、繁忙期の草津にも当てはまります。

草津温泉でもみんなマスクはしていますが、人から人に感染するのがウイルスの特徴。うつる可能性はあります。

しかしやはり田舎は田舎、今は金~日の週末や連休でも人はかなり少なめ。

東京圏と呼ばれる東京都、埼玉県、千葉県、神奈川県及び茨城県の各一部と比べると人口密度は比べ物にならないほど小さいです。

仮に東京圏のようなところに住んでいてちょこっと買物に出かけていれば、草津より感染リスクが圧倒的に高めだと思うのは僕だけでしょうか...。

ちなみに平成27年10月1日現在の国勢調査では、東京都への流入人口は『1日』で291万人、神奈川・埼玉・千葉で93.6%。

それに比べ2019年草津温泉の観光客数は328万人。

桁がちがいますよね。

休みの日も徹底して家にいるなら最強に予防できているので良いと思います。家にいられる限りは一番安全なので硬く守ってほしいです。

ただそうは言っても気持ち的にずっと家にいるのは辛いですよね...人間限界がありますし...

自粛しつつも息抜きをしよう

という事で、自粛しつつもたまには人間らしく息抜きをしましょう。

草津温泉の湯畑にあるお湯は新型コロナウイルス予防に効果があります。

当たり前かもしれませんが、基本温泉のような湿度が高く清潔で温かい場所は感染しにくいのでしょう。

東京でもスーパー銭湯で感染...なんて話は全然聞かないですもんね。

人口密度があるところに住んでて出勤もして、休みに買物もしてればもう感染していると思います。

人間なので生きるためにも仕方ないことですが、それでもお茶しに出掛けたりしているくらいなら、温泉に浸かって免疫力を上げている方が心も安心するしほっと癒されると思いませんか?

こもるのも限度があるので自分の気持ちをじっと見つめ、たまには名湯のある草津温泉旅行を楽しみつつコロナ予防をしましょう!

草津温泉の観光モデルコース(草津温泉観光協会)

▼【旅費が激安!】草津温泉旅行はここまで安くできる

草津温泉湯畑のライトアップ

▼【電車・バスどっちがお得?】交通手段でお悩みの人はこちら

草津温泉湯畑の夜景

▼【安心宿まとめ】新型コロナウイルス徹底対策をしながら過ごせるお宿はここ!

ホテル一井の建物外観

\誰に教える?記事をシェア!/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です