感謝って本当にできてますか?【豊かに生きるため】

ありがとう

こんにちは。公太です。

急な投げかけから始まりましたが、僕の答えは微妙です(笑)



今日は感謝について考えたら、隠れた『生きる』意味を新たに発見しました。

かなり腑に落ちたので、ここに書いておきたいと思います。


なぜこれを考えたかと言うと、私には感謝をつたるためのとある夢があるから。


僕自身考えてて、『かなりハッ』っとしたところがあって、自分で言うのもなんですが、改めてじっくり考えてよかったと思ってます。

生きる気力が更に湧きました。


なのでこれは、生きる意味が分からないとか、気力がない人の助けになればと思って書いてます。



僕は昔、よく感謝した方がいい!って言うけれど、いざやっていると、どうしても自分の中で「やってる感」がぬぐえませんでした。

やってる間になんかやる気が無くなって、感謝しない元の生活に戻ることもあって、ポッカリ抜け殻のような気分になっていたことがあります。

そうすると、なんだか生きる気力もあるのか無いのか分からない、ダラダラした惰性のような生活で気持ちが悪くなる。


多分、仕方なくやってたんでしょうね( ;∀;)


なんだか生きてるような心地がしなくて、けっこう「辛い人生」になりました(´Д⊂ヽ


ただそれが続いたお陰で、結果的に今の仕事に出会え救われたので、感謝ができて良かったなとも思いますが。


このようないきさつもあり、同じような悩みを抱えて生きてる下記の人!

『感謝』がよく分からず、がっつりもがいている。

感謝を重荷に感じて沈んでいる。これから毎日イキイキと生きたい。


これらを胸に抱える人の助けになればと思います。

では、どうぞ!

感謝の意味

感謝、感謝と言いますが、感謝の意味をしっかり知らなきゃ感謝できないので見てみましょう!


感謝(かんしゃ)とは、親切を受けた者がありがたみを表す感情の1つである。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

こんな感じでボヤっと書いてありました(笑)

ウィキさん、ありがとうございます(`・ω・´)ゞ

もうちょっと細かくほぐして考えましょう。


親切とは、好きな人のために色々やること。

ありがたみとは、嬉しいことをされた時の感覚


なので、 感謝は

嬉しいことをされた時の、感覚を表す気持ちですね。

僕が考える感謝

私の解釈を付け加えると、

感謝は、 どこまでも気持であって、物体とか目に見えるものではなく、見えない精神的な心。


なので、自然にふわっと、ブワっ!と、もしくはふつふつ湧いた気持ちってイメージです。


良く、「 感謝を行動で表す 」とか 「 形で表す 」って セットで言うけど、これは別物であって、そのあとに出た、あくまで取って付けた二次的な行動にすぎない。

この行動が呪縛というか曲者で、人は目に見えるもので判断しやすいから、自分や周りから見てその行動が「え?」って思うものだと、行動によっては「こいつ感謝してないのか?」と思って受け取る人もいる。

そうするとその反応を見た、感謝を表した人は、相手の反応だけを見て、「え?俺なんかやっちゃった?」「もしかして間違ってる?」って悲観的に捉える人もいる。


例えば極端な例ですが

お花柄が好きな女の子に洋服をプレゼントするのに、「キティちゃんの絵が入った服を買って」

はい!これやるよ!!(*´ω`*)


彼女)「え?」...

.

「こんなの私着ないよ?」

.

俺)「あれ?」みたいな。


まぁ、ここまで露骨に出さなくて、心の中だけで思っている人もいますね。


「こいつセンスないわぁ...」


あとは、気持ちを察して、「とりあえずどうするかは別として、気持ちだけは受け取っておこう!」

とニッコリする人。


仕事とかでも、以前助けてもらったことに感謝し、今回良かれと思って、やったことが逆に大失敗に繋がったとかもありますよね。

しかも怒られる。(こうなるとほんと悲しい)

「お前、何余計な事してんねんっ!!」

とか。

そうなると、ワクワクしながらやった感謝の気持ちがチ~ン(。-_-。)

てなくなる人もいる。

んで、次の感謝の行動にブレーキがかかっちゃうみたいなね。

これは完全に感謝と行動を混同した誤った考えですね。



まぁ、何が言いたいかって、

感謝っていうのは気持ちを表すまで行くとけっこう複雑だってこと。



元々感謝自体は、目に見えないものだけに答えがない。もはや価値観。

だから感謝する方も、される方もある程度「人」を理解しておく必要がある。

感謝の気持ちがあった次に「行動」がくるから何で表されるかは、価値観からの判断で人それぞれ。

お望み通りのものなんてまずこなくてもおかしくはない。

だから感謝をする方も、される方も形はぶっちゃけどんなもので来るかはドーン!と気にしないのが一番。

一番に感謝するべきものが見えているか

生きている

強い感謝と行動はセット。

感謝と行動量は比例します(今、浮かんだ)


そして、大前提として

そもそも人は、生きていなければ 感謝できない

そして生きていられる元となるのは、自分にとってプラスになる人。

これ当たり前だけど、今回私が「ハッ」としたポイントです。

仮に自分が墓に入っていたら感謝はできないですよね?

そもそも嬉しいから感謝してるのであって、憎いから感謝してないですよね?

いつも、めっちゃ悪口ばかり言って人格否定してくるような人に、感謝できないでしょ?

そんな人とずっと一緒に居たら、うつ病になるかもしれんし。

そうなると、生きてるって感覚を、嫌いな人からもらうのはまず難しい。

だから、自分が生きていられる人が居るからから、感謝ができると思った方がしっくりきます。



だから僕の感謝は、単純に「この人のおかげで私は生きていられる」って心の底から思える人や、辛い時に励ましてくれて前向きになれるような人、一緒にいると自然と前に進めるような「少しでも生きるにプラスな人」にするべきだと思ってます。


もっと分かりやすく言うと実家暮らしや家庭がある人だったら、

この人がごはん作ってくれてるから、生きていられる。

家事をしてくれてるから、「何かしらの活動ができる」。

仕事をさせてくれるからここに居れるとか。

この人と居たら普通にゲラゲラ笑える。こんな簡単なことでもいいと思います。


ほんと単純に自分がこの人といて「生きる方向か、死ぬ方向かどっち向いてるのかだけ」

逆に言えばそれ以外の分からないのは、そんなに気張って感謝しなくてもいいと思う。

もちろん感謝できるならした方が気持ちいいし、わざと感謝するなとは言わないけれど下手に頑張ってみんなに感謝しよう!ってバンバン自分追い込むと、簡単に息切れして誰にも感謝しなくなる。


ほんとはみんなに感謝したいけど、それってかなり夢見るピーターパン状態。

仙人クラスにならないとまず不可能。


そう考えると、誰に普段感謝したほうがいいのか、思ったより簡単に見えますよね?


自分が一緒にいて心地いい人とか、心地よくなった「瞬間」を感じればいいから。

誰でも簡単に感謝することはできます。

感謝を何で表すか

ささやかな気持ち

じゃあ、感謝はどんな形で表すのがいいのか。


結論から言うと、


なんでもいい


ありがとうの言葉でも

ささいなプレゼントでも

何かを一緒に手伝う態度でも

なんでもいいと思います。



最初に話した通り感謝は精神的で、目に見えないもの。

価値観によるものだから、これがいい、あれがいいとかなくて。

感謝をされる相手も、その場がケラっと笑えるような、些細な事ならば何でもいいと思います。


だから、「ありがとうって気持ちが大事」ってよく言いますよね?


よく、質の良いものとか高価なものをプレゼントしよう!とか張り切る人が勘違いして、高価な物とか上げますけど、ほんと安っぽいのでやめた方がいいです。

無理しなくても、お金がないならそれこそ、『笑い』でも立派な生きるための『生き血』になると僕は思います。...

あなたの大切さを理解している人ならば、それだけでも必ず『ニコ~ッ』と笑ってくれます。



感謝で大事なのは、自分が今持ってるもので相手を生かそうとする気持ち。

しつこく言いますが、軽くとらえた上で、相手にとって生きるに繋がればそれでいいと思います。

感謝しないと人は抜け殻になる

これは私の経験からの答えですが、誤解を恐れず言うなら「人は感謝しないといずれ死にます」。

さっき人は、生きているからこそ感謝ができると言いました。

それは逆もまた真なりで、感謝をしないと死にます。

例えば

僕の母は、かなりの世話焼きなので、何でもやってくれます。

掃除洗濯、朝昼晩ご飯はもちろん、小さい時は魚の骨まで取って出してくれていました。(これ言うとけっこう驚かれますww)


そんな環境の中、私が家事を手伝おうとすると、「いいから、いいから。お母さんがやるから」とよく言って自分でやっていました。

これは完全に僕が悪いのですが、僕はその言葉に甘えほとんど実家では何もしませんでした。

実家に居るときはそのありがたさに何も気づかず、家を簡単に出てしまいましたが、一人暮らしをすれば、その苦労はやはり身に染みます。

そこでようやく母の苦労を理解していたわけですが(遅いw)


今考えると、当時の自分で気づいていなかったことが、もう一つあることに気づきました。

それは、何も役立ってないとそこの中で生きている実感がない。

感謝も無く、なんだか当たり前の毎日だけが絶えず「ふわ~」っとすぎるだけ。


食べては寝て起きての繰り返し。


言い方変だけど、「実家なのにそこに居て役立ってる感が全くない!!」




でも、一人暮らしをすると、色々大変ながらも生きている実感はなんだかある。


体感したことないから分からないんですが、多分これって会社で何もできない人がそこで役立てなくて、居ても立ってもいられない現象と同じっぽいんですよね。

暇すぎて、ズーンと下がっちゃう人。

所属感?

なくてやめる人っているじゃないですか?


多分あれと同じことが少なからず起きていたんだと思う。


それで今日、生きていなければ感謝できないにたどり着いてはっきりしました。


人は感謝することで生きていける



更に、感謝する機会や行動がないと生きた心地がしない。

そう思うと今までの人生での「なんとも言えない、満たされない感」はものすごく腑に落ちます。


つまり、生きるためには積極的に感謝して、相手が生きられることに努めるべきだ!!

ってことです。


僕は、とにかく普通で、「一般的が服を着て生きている」ような人間なので、ある程度のことは意識しなくても出来てしまいます。

そんな自分をどこかで知っていたから、意識しなくても、知らず知らず人の役に立ち、「小さな満足」を得て生きていられたんだと思う。

ですので、

相手が遠慮して「いいから、いいから」に甘えて何もしないと、自分は何もしなくて楽ですが後で、死にます。


積極的に、人の役に立つようなことをした方が、ほんとにイキイキできて気持ちいいです。

生きてて、人に喜ばれるのは嬉しいんだ!って感覚では分かっていたんですが、遅らせながらも今日、頭で理解することができました(笑)


詳しくは知りませんが、マズローの5段階欲求で、人が生きるために必要な物、「承認欲求」が必要なのも同じような理由な気がします。(違ってたらごめん)

生きるために感謝は必要不可欠なものだった!僕は...

言葉では説明しましたが、慣れないと感謝するのは中々難しいかもしれません。表現が苦手な人もいます。

でもほんと簡単なことでもいいと思うので、あなたの近くの大切な人

  • 家族
  • 奥さん(ママ)
  • 両親
  • 恋人
  • 友人
  • 仕事の仲間

生かしてくれてる大切な人に、小さな感謝をしてみる。

を少し気にしてみてください(^^♪


少しでも生きることが楽しくなると思います。



僕も、今日からまた新たに感謝の気持ちを持ちたいと思います。




感謝について考えて、こんな腑に落ちるとは自分でも思わなかったので正直驚いてます。

考えていられる環境と、ブログと言うものがあること、考えるきっかけとなったこの記事を届ける「人」が居ることにはほんと感謝です。

なので僕もまた、生き血を与えてもらうことができました!


今回この記事を読んでくれた人の、生きる上で役に立てれば嬉しいです。





私は、一つの感謝の形として、いつも数少ない身近にいる大切な人を、その人が行きたい場所に連れて行こう
と思っています。
それはやはり、数少ない人の中でも、その人たちのおかげで自分が生きていられるから。

なので、それができるWorld Venturesで連れて行った旅行先で、
改めて「ありがとう」と言うことをいつも夢見ています。


皆さんも大切な人へ、自分が思う最高の気持ちを届けてあげてください(^^♪




長くなりましたが、 読んでいただきありがとうございます。m(_ _)m

\うん!うん!!と思ったらシェア/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

愛澤公太って?

アーカイブ

公太のSNS